こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

photoshop ccの何がすごいんでしょうか?

俗に言う2D絵(アニメ絵)などは、大抵どんなソフトでも描けますが、たまに写真か3DCGかイラストかよくわからない作品を見ることがあります。

こういうものは大抵Photoshopで作られていて、他の一般お絵かきソフトでは非常に描きにくい物まで表現できています。

高クオリティ作品の使用ソフトを見ると大抵Photoshopですね、他のソフトにはない性能機能があるように見えます。

しかしどうやら色の置換えができるとか、はめ込み機能があるだとか。確かに便利ですが、ほかのソフトでも色を変える事くらいはできます。Photoshopは写真加工には便利かもしれませんが、リアルな作品を制作するならまずブラシ種類やぼかし、テクスチャ等がもっと豊富なソフトの方が魅力的だと思いませんか。

Photoshopを体験で使ったことがありますが、レイヤーがあってサイドにツールが有るくらいです。画面がシンプルすぎて一体何が高機能かわかりませんでした。

一番不可解なのが、砂粒や木の細かい葉っぱの再現、コンクリや皮膚等の物の質感です。一般のペイントソフトを使い、普通に手とペンを動かして描くと星を数えるような作業になると思うのですが。これもやはりphotoshopならではの機能でしょうか?

各所でPhotoshopが期待されている理由がよくわかりません。

詳しい方は作品を見れば技法が思い当たると思いますが、あのようなリアルCG作品は、自分の手でペンで描いてるのか、3Dでモデリングしているのかどちらなのでしょう。↓
https://www.google.co.jp/search?q=photoshop+%E4%BD%9C%E5%93%81&client=firefox-b&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwislf7Un7PTAhUFVrwKHcW6CKUQ_AUICCgB&biw=1366&bih=696#imgrc=_

投稿日時 - 2017-04-20 23:40:17

QNo.9319916

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

他の方の補足になるのですが、Photoshopには数多くのフィルターやエフェクトのプラグインがあります。

私は写真レタッチからPhotoshopを使うようになったのですが、デジタルカメラの写真をカラーからモノクロに単純変換するだけでなく、昔のトライXファイルむの用のザラザラ感を出したり、4号や5号の印画紙の質感を出すという誰得?みたいなプラグインまであります。
写真関係だけでも解説本が一冊作れるくらい豊富です。

クローンブラシという機能も優秀ですね。
風景写真だと、撮影時には気が付かなかったけどパソコンで細かくチェックしていたら写っていてはまずいものとか、雰囲気物壊し!みたいなものが見つかることがあります。
そういう邪魔なものを簡単になかったコトにできるのがクローンブラシ及びその発展系のブラシです。

選択ツールの種類も豊富ですね。
縁をなぞって領域を選択するだけでなく、特定の色及び類似色だけを選択したり、髪の毛や木立のような複雑なものだけを選択したいときに便利な選択プラグインがあったり・・・

Photoshopの基本機能を解説した本だと基本だけのはずなのに数百ページになります。

イラストだけでなく写真も扱えるため、イラストなのに写真みたいに仕上げるツールも豊富だったりします。
勿論、上手い絵描きさんならペンタブでシコシコと時間をかければ同様の仕上がりは期待できますが、その時間を短縮してくれる優秀なプラグインが豊富なんです。
勿論、それを全部揃えるとかなりの額になってしまいますけどねw

テクスチャの素材集から持ってきて、凹凸に合わせて違和感のない仕上がりにすることも可能です。

とにかく、今まで手作業でやっていた絵や写真の手法で出来ないことがないんじゃないの?というのがPhotoshopです。
だから、手書きでそれなりにテクニックをマスターしている人にとってPhotoshopってこの上なく心強いデジタルツール、自分なりのテクニックがある程度適用できるというのは確かでしょうね。
手作業時の理論というか考え方が通用すると言ったほうがいいでしょうか?
こういう基本的なことが出来るツールというのは意外と少ないんですよ(^^;

投稿日時 - 2017-04-21 04:59:20

お礼

ソフト自体はシンプルなレイアウトでしたが、意外と盛り沢山だったんですね。にしてもみんな使っているソフトという割には高額過ぎる気もしますが。

投稿日時 - 2017-04-23 23:58:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

DTPという言葉が登場した時にフォトショップは誕生してます。

サイドにあるメニューは機能のほんの少しです、
3D画像処理が可能に成ってます。
画像処理アプリとしてはcanvas、painterが有りますが、
こちらはイラストレータに近いソフトです。

基本としてフォトショップと言うぐらいで『写真編集アプリ』なんです。

画像を大量に複製ペーストする機能とか、影を作成するとか
曲面に画像を貼り付けるとかありますね。

最初に使ったのはバージョン4の頃かな。

メニュー項目とできる作業はすべて記憶してました。

投稿日時 - 2017-04-21 01:59:45

仕事でPhotoshop使ってます。かれこれ20年位になるでしょうか。
それはさておき
おっしゃる通り、絵を描くということに特化するならば
例えばペインターとか、3DCGならMAYAとか、それぞれの
得意分野のソフトの方がいいかもしれません。

ではなぜPhotoshopがもてはやされるのか。
画像等のビットマップデータを扱うソフトの元祖だから。
歴史が違います。数知れないヴァージョンアップを繰り返し
画像に関することならば、出来ないことはないのではないか
というところまで来ています。
業界標準であり、ユーザー数も他のソフトとは比べるレベルではありません。
ということは、ユーザーからのフィードバックも多く集められるし、
ユーザーが多ければプラグインも多く作られます。
プラグインも含めると、Photoshopすべての機能を使い切れている人は、
少ないのではないかと想像します。
私も使いきれてない一人ですが・・。
簡易なお絵かきソフトがオートマ車だとしたら、
Photoshopはマニュアル車・・・いやヘリコプターでしょうか・・。
操作さえ覚えれば、自由自在です。

ただ、絵を描くということで言えば先程も言いましたが、
それ専用には敵わない部分もあると思います。
とにかく、その他多くの画像ソフトは、
打倒Photoshop!を掲げ開発しているのでしょうし、
牙城を崩すには一部の機能に特化するのが近道なわけで
その部分がPhotoshopを上回ることも特におかしいことではないのかなと思います。

>各所でPhotoshopが期待されている理由がよくわかりません。
PCで画像を扱う職業の人はほぼ全員Photoshopユーザーと言っても
恐らく大丈夫ではないでしょうか。
期待されてる・・と言うか、世界的にすでにそうなってしまっていますので・・。

投稿日時 - 2017-04-21 01:35:40