こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ポイント制

一般消費者です。ポイント制でよく判らないことがあります。

貯めたポイントで3000円のものを他の加盟店で購入した場合、現象的にはその店ではただであげたのと同じことになります。実際はそうではないのでしょうが、どのようなシステムになっているのですか?

ある加盟店で自分自身にポイントを沢山発行し、それで他の店で買い物はできますか? 多分出来ないでしょうが、そのシステムはどうなっているのですか?

ポイントで買い物する場合、上限てあるのですか?

その他面白い「あるある」があれば、教えてください。

(出来れば、業界の方、専門家の方のコメントをお願いします。)

投稿日時 - 2017-09-12 10:36:56

QNo.9373710

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ポイントシステムと言っても多数あります。大手ポイントシステムから個人でやっているポイントカード等色々ありますね。
ですので、ここでは大手Tポイントを例にしてご説明いたしますね。
まず、Tポイント加盟店になるには初期費用がかかり、更にTポイントカード利用数によって月額も払います。このコストがかかる(デメリット)代わりにお店の全体としての来客数が増えることがメリットとなります。
尚、お客さんがポイントを利用して買い物をしたとしましょう。この際一時的にポイント分の金額は店舗で立て替えることになりますが、翌月請求分から立て替えた分を差し引いた請求となりますので実質Tカード運営者が払うということになります。
ですので、「ある加盟店で自分自身にポイントを沢山発行し、それで他の店で買い物はできますか?」の返答としては出来ます。
Tポイントカード自体には貯めるのにも使用するのにも上限はありません。
ただし、利用する加盟店によっては上限値を設定している場合があります。例えば、Yahoo!ショッピングは1ヶ月に10万ポイントまで利用可能となっております。(これは推測ですが、一時的に加盟店の負担になるのでそこを無制限にするのはリスクが高いからこのようにしている可能性があります)
ちなみに、ポイント有効期限は1年です。増減すればそこから更に1年延長されます。

投稿日時 - 2017-09-12 10:54:16

お礼

丁寧にご説明いただきありがとうございました。確かに質問しながらTポイントを想定しておりました。

ポイント分の買い物には「立て替え」というごく一般的な行為に依って成り立っているのですね。・・・とは言え、コンピューターがなかったら、実際の管理は不可能だろうと思いました。

投稿日時 - 2017-09-12 11:48:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ポイントには2種類あります。
Merchant POINT card(加盟店カード)
加盟している店舗で自由に貯めたり、買い物したり出来ます。

House POINT card(ハウスカード、その店舗のみ)
他店では利用できずその店独自のカード

Merchant card(加盟店カード)は
加盟店でお買い物されると、そのポイント分は
その時点で本部にプールされます。
ポイント分を顧客が利用すると
利用された店舗は、そのポイント分を本部に請求することになります。
本部はプールされた分から店舗へ支払うことになります。

投稿日時 - 2017-09-12 11:45:22

お礼

回答ありがとうございます。

胴元(本部)がポイント/お金の管理をするのは面白いですね。

投稿日時 - 2017-09-12 17:02:12

ANo.3

>どのようなシステムになっているのですか?

ポイント分の損失は「ポイントカードの発行手数料」や「商品の売上の一部」から充当されます。

企業が商品を売って得る利益の中に「ポイント分」が含まれているのです。

例えば「ポイント5%還元」のポイントの場合、商品の定価の5%を「ポイントで損失する分」として、利益の中から「取っておく」のです。

客が買い物すると、以下のようになります。

客が現金で買い物をし、数パーセントのポイントを加算してもらう

売上の数パーセントを「ポイント充当分」として本社で積み立てる

客が溜まったポイントで買い物する

お店は、ポイント分の商品をお客に渡す

お店は、ポイント分のお金を、本社の積立金から支払ってもらう

お客は、ポイント充当分を含んだ価格で買い物をして、ポイント還元分をお店に積み立てして、ある程度の額に溜まったら、積み立て分を、商品として、返して貰うのです。

お店は、ポイントで買い物をされたら、代金をお客ではなく、本社に支払ってもらいます。

本社は、日常の売上の中から「ポイント分」を備蓄しておいて、お店でポイントが使われたら「備蓄していた分から払う」のです。

本社やお店の利益は「ポイント還元分、減ってしまう」のですが、ポイントカードを導入した分、お客が沢山増えれば(売上が増えれば)、ポイント損失分を売上増加分でカバーできます。

例えば「ポイント5%還元」で利益が5%減っても「ポイントがある為にお客や売上が15%増えている」なら、差し引きで「10%の利益アップ」になります。

なお、企業によっては「ポイント充当分、販売価格が高く設定されている」など「最終的には、お客がポイント分を支払わされている」って場合もあります(5%のポイントが付く代わりに、他店より価格が5%くらい高い、と言う事)

投稿日時 - 2017-09-12 11:33:15

補足

書き込み有難うございました。

お礼欄で、お礼が無くて申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2017-09-12 17:03:39

お礼

なるほど、万引き分として予め損失として利益から差し引いておくようなものですね。・・・例えが悪かったかな?

なんか「まんま」で特に面白くない話ですね。

投稿日時 - 2017-09-12 14:04:21

ANo.2

だいたい2~3%くらい、加盟店で利用するとポイントが溜まりますでしょ。そのぶんを加盟店は支払っているのです。で、大抵は使われたポイントは後日お金として振り込むようになっていると思います。

>ある加盟店で自分自身にポイントを沢山発行し、それで他の店で買い物はできますか?

できないようにはなっているけど、例えば楽天カードを作ってもらったポイントを自社で買い物して使うなんていう不正利用は割とよく聞く話ですね。ニセのアカウントを大量に作って自社利用してポイントで支払うとかね。大抵の人はアホだから急激に利用ポイント数が増えてそれが目についてバレますね。ちゃんと管理会社も急激にポイント利用が増えたり不審な動きがあるとアラートが反応するように作ってあるのです。

>ポイントで買い物する場合、上限てあるのですか?

規約で決まっていると思います。

投稿日時 - 2017-09-12 11:02:36

お礼

ご説明ありがとうございました。

どこの世界でも、詐欺的に経済活動を試みる人はいるのだな、と改めて思いました。

投稿日時 - 2017-09-12 11:51:21