こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Macクリーンインストールでバグが減る?

Macを利用しています。クリーンインストールするとバグが減ったりSSD(or HDD)容量が空いたりするらしいですね。

ここでPCの仕組みをお教え頂きたいのですが、作業の流れとしては
1. Time Capsuleにバックアップとる
2. SSDを消去してOS入れ直す
3. Time Capsuleからデータ戻す
という流れじゃないですか。

でもバグの原因もろともTime Capsuleに保存されたりはしないんでしょうか?「そういう可能性もあるけど、OS側にバグの原因があるときに関しては消え去ってくれる」というケースバイケースなのでしょうか?

私の今までの認識ではTime CapsuleバックアップはMacのありとあらゆる全て(つまりOS関連のデータも)を保存するというイメージだったので、クリーンインストールしたところで結局Time Capsuleからそのまんまバグが引き戻されるんじゃ?と疑問に思ったため、この認識は間違いなのかな~と気になり質問しました。

投稿日時 - 2017-09-25 16:53:50

QNo.9378598

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

TimeMachineで復元をすると、アプリからOSの各種設定まで戻ります。
それらのデータに不具合の原因が含まれていたとしたら、不具合も再現してしまう可能性はありますね。

ただし、原因がどこにあるのかを切り分けるのはたいへんそうです。
わたしがOSをアップグレードする時には、かならず新規インストールを行います。
上書きアップグレードはmacOSでもWindowsでもいい思い出がありません。

High Sierraが公開されたので導入するとすれば、このような感じになります。
1、OSをインストールするためのUSBディスクを作成
2、念のためにTimeMachineでバックアップ
3、今入れているアプリや拡張機能のリストアップ
4、インストールUSBディスクで起動、SSDの検査と初期化
5、OSインストールと初期設定
6、当面必要なアプリや拡張機能のインストール

不要なアプリやファイルが無くなるので、快適に使えるようになるでしょう。
もし不具合があったらTimeMachineからまるごと復元すれば大丈夫です。
かなり時間がかかるので、予備のSSDがあるならドライブ入れ替えもお薦めします。

投稿日時 - 2017-09-26 08:33:34

お礼

丁寧にお教え頂きありがとうございます。参考になります。

投稿日時 - 2017-10-01 00:26:35

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

バグは元々ある、プログラムの不具合なので、クリーンインストールでは決して減ることはありません。

長年使って起こる不具合は、解消されることはあります。
Macの不具合の原因は今も昔も初期設定ファイルの破損が多いです。
初期設定ファイルを削除するだけでも解消する場合が多々あります。

TimeCapsuleでの復元だと不具合の原因まで戻る可能性はあります。
単に、バックアップした写真とかのデータを戻すだけならば問題はないです。

投稿日時 - 2017-09-26 20:26:19

お礼

詳しくお教え頂きありがとうございます。参考になります。

投稿日時 - 2017-10-01 00:26:46