こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヨハネの福音書、”權”、そして”懷裡”の読み方

以下の文章から引用している”權”、そして”懷裡”はどう読んだらいいでしょう?
”けん”、と”かいり”以外にないでしょうか?

されど之を受けし者、即ちその名を信ぜし者には神の子となる權をあたへ給へり。
未だ神を見し者なし、ただ父の懷裡にいます獨子の神のみ之を顯し給へり。
(ヨハネ傳福音書(文語訳))より。

https://ja.wikisource.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E5%82%B3%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E6%9B%B8(%E6%96%87%E8%AA%9E%E8%A8%B3)#1:1

投稿日時 - 2017-10-22 08:30:52

QNo.9388559

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「櫂」は音読みならトウ、訓読みならカイ、カジと読みます。舟を漕ぐ為の道具のことです。
「懷裡」はカイリと読み、ふところの意味です。

投稿日時 - 2017-10-22 10:02:57

補足

「櫂」という字については質問しておりません。
”權”、つまり”権能”とかの”権”という字についての質問です。

投稿日時 - 2017-10-22 11:03:14

お礼

「懷裡」という言葉があったのですね。
そうでしょうね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-10-22 10:15:24

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)