こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雪印の毎日骨太は牛乳じゃないって本当ですか?

雪印の毎日骨太は牛乳じゃないって本当ですか?

昔は毎日骨太牛乳として売っていたと思うんですが今は牛乳じゃないのがバレて?毎日骨太乳製品に名前が変わっているとか。

雪印メグミルクの毎日骨太は牛乳じゃないので牛乳として料理に使うと悲惨なことになるそうです。

毎日骨太って牛乳じゃなかったら何で出来ている白い牛乳風の液体なんですか?

何の動物の乳ミルクですか?

カルシウムもないの?

投稿日時 - 2017-10-22 09:10:56

QNo.9388568

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

言葉にはいろんな意味があります。例えば「日本人」もそうですよね。先日ノーベル賞を取ったカズオイシグロは「日本人」なのかどうかは、「日本人」という言葉をどういう意味で使うかによってYESだったりNOだったり。

あなたの使っている「牛乳」という言葉の意味は、「牛のお乳」という意味でしょう。

一方、牛乳のパッケージに書いてある「牛乳」は食品衛生法で決まっている法律用語です。「牛乳」「成分調整牛乳」「加工乳」「乳飲料」など。
http://www.meg-snow.com/fun/academy/gyunyu/kind/

「天然」「無添加」をありがたがる風潮がありますが、「無添加」がすばらしいというわけではありません。例えばカルシウムを補給する目的で牛乳を飲むなら、「牛乳」よりカルシウムを増やした「成分調整牛乳」「加工乳」の方が適しているでしょう。
調整や加工の中身を知って、それが良いならそれを飲めば良いし、特に求めるものが無くて、何となく牛乳を飲みたいのであれば「牛乳」を飲めば良い。

料理に使うときに牛乳に求められるのは、乳脂肪分でしょうから、「牛乳」を使った方が良いでしょうね。

同じように法律用語で意味が表示できるのが限定されている食品に、「アイスクリーム」とか「ジュース」があります。同じ量でたくさんの乳脂肪を取りたいなら「アイスクリーム」を食べれば良いし、乳脂肪の量はどうでも良くて味で選ぶなら自分がおいしいと思えば「アイスミルク」でも「ラクトアイス」でもいい。

投稿日時 - 2017-10-22 10:36:33

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-10-23 23:20:34

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

種類別の牛乳は、成分未調整で100%牛の乳と言う意味です。
因みに乳製品は、生乳や乳製品を主原料にビタミン・ミネラル・カルシウムなどの栄養分や、コーヒーや果汁を加えたものになります。
詳しくは下記サイトをご確認下さい。

牛乳類は種類別により分類されています。
http://www.yotsuba.co.jp/faq/faqlist/1046.html

投稿日時 - 2017-10-22 10:11:43

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-10-23 23:20:24

ANo.3

そもそもが、「牛乳」となのれるには基本的な絶対条件がある。
食品表示の法律が決まったから、ソレにともなって商品名が変更になったのでしょう。

「牛乳」とは、脂肪除去、殺菌しか手を加えてはいけないのです。
なので、たとえ、乳脂肪といえども、後からくわえるのは「牛乳」とは名乗れない、「加工乳」となって、「(濃厚)乳」で、「(濃厚)牛乳」じゃない。

低脂肪「牛乳」と、低脂肪「乳」とあるのにも気がついてる?

なので、骨太牛乳とはなのれないのす。
100%牛乳ダケじゃないから。

低脂肪牛乳は、「100%牛乳」から乳脂肪を少し取った100%牛乳ダケのもの。
低脂肪乳は「100%牛乳」に水と、脱脂粉乳を加えて、結果的に脂肪量を落として、100%牛乳+混ぜものです。

何かをくわえると、ソレは「乳」=加工乳であって、
「牛乳」ではない。

牛乳は牛乳で、牛の乳です。

ヨーロッパのでもない限り、日本なら「乳」は
牛乳以外には、流通に乗るほどの量は確保できないでしょう。
なので、○○乳と加工乳表示の、乳はほとんどすべて牛乳に水と脱脂粉乳とナニがしかを混ぜたものです。

じゃぁ、全部混ぜものだけで作れば安いでしょう?、もっと効き目?のあるものともなるが、
「なんとか乳」となのるに、牛乳らしい味わいが必要となると、
生牛乳を入れないとソレらしい味わいが出ないらしいですね。

カルシウム?ならば、「乳」ならなんでも相応に全部入ってます。
「牛乳」じゃなくても。

投稿日時 - 2017-10-22 10:02:33

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-10-23 23:20:15

ANo.2

牛乳が原料であることには違いありませんが
生乳をカルシュムを強化したりすると
生乳100%ではありませんので「牛乳」の表示できなくなります。

「飲用乳は大きく3つに分類されています。
『牛乳』は乳脂肪分3・0%以上、無脂乳固形分8・0%以上で、原料は生乳100%。
『加工乳』は無脂乳固形分8・0%以上で、主原料の生乳に、脱脂乳、濃縮乳、クリームなど乳製品を加えたもの。低脂肪タイプや濃厚タイプがこのカテゴリーです。
『乳飲料』は乳固形分3・0%以上で、生乳や乳製品以外に、ミネラルやビタミン、コーヒー、果汁などを加えたものになります」

店頭に並んでいる60%以上は加工乳、乳飲料です。

投稿日時 - 2017-10-22 09:56:46

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-10-23 23:20:05

生乳(50%未満)、乳製品、乳たんぱく質、乳等を主要原料とする食品/炭酸Ca、乳化剤、ビタミンD

検索すれば直ぐに分かる事です。

投稿日時 - 2017-10-22 09:16:01

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-10-23 23:19:52