こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ディレクトリ操作のモードについて

同じ計算機システムの他のユーザーに公開するファイルを置くディレクトリのモードを、rwxr-xr-xではなくrwx- -x - -xに設定している場合がありますが、これは何を意図するのか分かりません。
前者のモードは、ファイル種別:ファイル、所有者に書き込み、読み取り、実行の権限があり、所有グループに読み取り、実行の権限があり、その他に実行の権限がある。後者のモードは、ファイル種別:ファイル、所有者に書き込み、実行の権限があり、所有グループに実行の権限があり、その他に実行の権限がある。というところまでは分かりますが、これはやはり後者のディレクトリのモードにする理由に何か関係があるのでしょうか。

投稿日時 - 2017-10-27 12:06:32

QNo.9390502

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

r が無いと ls とかでファイルリストは得られなくなりますが、x があればパスを知っていれば配下のファイルにはアクセス可能です。

0711 にしてるということは、そのディレクトリにどんなファイルが置いてあるかあまり大っぴらにはしたくないが、特定のファイルへのアクセスは許可したいということでしょう。まあ気休めですが。

投稿日時 - 2017-10-27 15:14:01

お礼

分かりやすい回答、ありがとうございます!! 参考にさせて頂きますm(__)m

投稿日時 - 2017-10-31 22:43:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)