こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

山鹿流の陣太鼓とはどのようなものでしょうか。

年末になると「忠臣蔵」を思い出します。三波春夫の浪曲歌謡では「一打ち、二打ち、三流れ」などと言っていますが、大石内蔵助が打つ「山鹿流の陣太鼓」とはどんな拍子で打ったものでしょうか。作り事にせよ、一般的にはどんな打ち方をしているのか、知っている方がいらっしゃいましたらお教え下さい。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2017-11-17 07:59:45

QNo.9398286

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

数年前、テレビの特集でやってましたが、
山鹿流には陣太鼓はないそうです。

投稿日時 - 2017-11-17 17:48:38

ANo.2

映画とかドラマじゃみんな違うようですね。
https://www.youtube.com/watch?v=DA-OJmzGt7U
50分28秒あたり

https://www.youtube.com/watch?v=9InAgwDDA7M
46分23秒あたり

https://www.youtube.com/watch?v=DMI2ASayCUA
2時間18分14秒あたり

1さんの内容を読むと妙に納得がいきます(笑
創作なら打ち方に正しいもなにもないんだなと(^^;

投稿日時 - 2017-11-17 13:23:39

ANo.1

 下記には「山鹿流といえば、歌舞伎・人形浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』のなかで、赤穂四十七士の吉良邸討ち入りを指揮する大星由良助が合図に叩いた「山鹿流陣太鼓」が有名だが、実際には山鹿流の陣太鼓というものは存在せず、物語の中の創作である」そうです。
 http://yuruchu.jp/gishi-blog/590/

 下記では討ち入りの際は、太鼓さえ持っていなかったとあります。もっとも山鹿素行の兵法は赤穂では下記のように知られていたそうです。
 http://yuruchu.jp/gishi-blog/590/

投稿日時 - 2017-11-17 08:38:09