こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

STAP細胞

STAP 細胞は存在していたけど、男性研究者が女性に成果を出されるのが嫌で潰した。
小保方さんの論文はドイツでも引用されるぐらいで、外国に成果をとられた。
日本では女性研究者は差別されている云々…。

と知り合いの大学生が言っていましたが、真実はどうなんでしょうか?

投稿日時 - 2018-01-03 10:20:17

QNo.9414428

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そのドイツを始めとして世界中の研究機関において彼女の論文に沿って再現実験を行ってますがSTAPを再現できた人は誰もいません。もしその説が正しいのであれば、世界中で女性研究者が差別されている、ということになりますね。そういう主張なら、それはそれで筋が通ってますけど、その知人さんはそこまで主張しているのでしょうか?
ちなみにドイツで彼女の論文が引用されたこと自体は本当です。しかしドイツの論文は「STAP現象をガン細胞で試したらどんなことが起こるかやってみた。でもSTAPは再現しないから手順とかをちょっと変えてみたよ」というものです。これはSTAPとはまったく別の現象、実験を行ったものです。

ちょっとググるだけで反証はいくらでも出てきます。そのどちらが正しいのかを判断できない大学生ってちょっと嘆かわしいし、そんなことを調べもしないで噂を真に受けてデマに乗っちゃってるのだとしたらもっと嘆かわしい。

投稿日時 - 2018-01-03 11:23:31

お礼

やっぱり、そうですか。
知人は理系なので一応、こちらで確認をとりたかったのですが。
調べる癖って大切ですね。

投稿日時 - 2018-01-07 13:03:41

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

端的に言うと,この学生さんの知識不足,常識の欠如ですね。
社交的で親しみ安い,嘘と現実の区別が時々つかなくなる女性が,一番入り込んではいけない所に入ってしまい,そのような人種に免疫のない男性達が翻弄されてしまった。それが悲しい現実だと思います。

このような結末を迎えて本当に残念でなりません。このような事を繰り返さないためにもスローガンとしてはリメンバースタップでしょうけど,正直もう忘れて良いのでは無いか,もう見たくもないというのが研究者の本音ですね。

投稿日時 - 2018-01-03 16:49:14

ANo.8

真実は解りませんが、下記の様な話も有るようです。

【知ってはいけない陰謀】STAP細胞潰し
 イルミナティの陰謀と小保方晴子
https://matome.naver.jp/odai/2149580072414621001

投稿日時 - 2018-01-03 11:36:47

ANo.7

 過去にも研究者の思い込みで間違った成果を出してしまい、引っ込みがつかなくなって研究者が自殺する事件が起こっていますが、STAP細胞も同じだったようですね。

 再現性に乏しい現象や誤解を生みやすい現象が起こる事は珍しい事ではありません。細胞融合などは確率的に低い現象であるにも関わらず、数え切れないほどの実験を繰り返して再現性を実証していますし、同じように再現性が確率的に低い現象だったら、クローン研究など、いくらでも例があります。

 STAP細胞は実証出来ない段階から写真やグラフを掲載して、思い込みが優先した研究だったので失敗したのだと思います。

投稿日時 - 2018-01-03 11:30:56

ANo.5

STAP細胞は今でも研究している研究室があるようだけど、その後の成功例は報告されていないことからやはり捏造でしょう。
まともな研究論文であれば、最先端の研究分野ですから他の研究室が同様な検証をして何らかの成果が認められるはずですがそのような結果は無い。
それに共同研究者が自殺したのは、捏造の張本人であったこと意外考えようが無い。
この件に関して女性差別なんて事は無いでしょう。

投稿日時 - 2018-01-03 11:16:54

ANo.4

理化学研究所がしゃかりきになって小保方潰しに奔走していましたね。そのあたりに怪しさを感じないでもありません。
小保方さんが共同研究していたアメリカの大学教授もSTAP細胞は存在すると言っていましたが、そういう声は次第に消えて無くなっていました。本当のところはよく判りませんね。

投稿日時 - 2018-01-03 11:14:27

ANo.3

小保方さんは女性ゆえに潰されたのではありません。
捏造した成果,つまり虚偽を報告したことを咎められたのです。

研究の世界では,悪意のない間違いを報告しても許されます。
なぜならば,他の研究者がその間違いを検証することも研究であり,それが学問の進歩に貢献するからです。
しかし,虚偽の報告は学界に混乱をもたらすだけであり,それを検証することは研究者の時間と労力を空費させるだけです。

投稿日時 - 2018-01-03 11:12:08

ANo.2

全くのデタラメですね。
もともとが捏造から始まった騒動ですが、一般的な考え方が少し違ってて、いかに素晴らしい研究成果を発表できるか、が研究者にとって第一となっていて、実際に役に立つとか良い薬ができるとかは二の次になってるんです。研究者はこの騒ぎに対して、最初は何を騒がれているか分からなかったらしいですよ?
ことの重大さを理解して自殺者まで出ましたが、やってる最中はみんな真剣だったんですよね。
繰り返し言いますが、このSTAP細胞の研究成果は捏造から始まってるので、成果とか横取りとか、ましてや男女がどうとか全く関係ありません。

投稿日時 - 2018-01-03 10:33:57

お礼

自殺された方は間柄の嘘か真かはわからない報道がありましたが、残念に思います。

投稿日時 - 2018-01-07 13:06:11

ANo.1

性別だと思います。

もう少し研究させてやれば、STAP現象見つけられたのに。
アメリカでも特許申請されましたね。

投稿日時 - 2018-01-03 10:25:42