こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

質問です・・。

http://tocana.jp/2015/10/post_7680_entry_3.html
上記の記事にこのようなことが書かれています。
ファイザイ教授とその研究チームは、「重力の虹」という新しい理論を用いてマイクロブラックホールの検出から期待できるエネルギー量の計算を行った。このエネルギー量でマイクロブラックホールが検出されれば、新理論「重力の虹」と余剰次元理論は正しいということになる。

 また6月以降、LHCによって衝突するエネルギーは、世界で最初にマイクロブラックホールの解明に貢献したヒッグス粒子のおよそ2倍であることもわかった。
 重力の虹理論は一般相対性理論と量子力学の調和を図るために10年前に提唱されたもので、アインシュタインの相対性理論が「重力とは時空の歪み」としているのに対し、重力の虹理論では「異なる光の波長によって生み出されるもの」だとしている。つまり「虹理論」では、異なるエネルギーを持つ粒子は異なる時空と重力場へ移動することを意味しており、異なるエネルギーを持った粒子は異なる歪み方をすることによって、まるで虹のような軌跡を描くことになると考えられているのだ。

 しかもこの重力の虹理論では、宇宙の崩壊はすでに始まっている可能性があり、我々の世界は「完全に崩壊して全てのものが小さな球に圧縮されつつある途中」だと指摘している。

と書かれておりますが、人類が生きている間に宇宙自体が終わってしまう可能性はあるのでしょうか?
あとこのような記事は信用たるべき記事なのでしょうか?

投稿日時 - 2018-01-11 14:06:28

QNo.9417281

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

あまりにも気の遠くなるような時間の流れの中で観測された事例を基に考え出された理論なのでしょう。

私たち人類が知り得ている宇宙で観測されているブラックホールについては、短期間で圧縮、消滅という事例は観測されてない筈です。
つまり、そのような事が有りうるとしても、やはり気の遠くなるような遠い将来の事と考えられます。
宇宙が終わるより先に、他の理由で人類が終わる可能性のほうが高いのは確かです。
宇宙の時間に比べたら人類の時間なんて、ほんの一瞬でしかないんですよ。

「そのような理論を考え出した学者がいる。」という記事内容自体は信用しても良いのではないでしょうか。
しかし勘違いしてはいけません、理論が証明されたかについては記事内では一切触れてない筈です。
その理論を証明しなければ、その理論と理論に基づいて考えられる事柄が信用できるかどうかは全てが一切不明です。

人類がエネルギーの存在を観測できてるのは確かですが、
そのエネルギーの何を観測できてるのかは、未だに確認した者がいない筈です。
何かの歪みで発生した何かがエネルギーとして何かを構成して、その何かを私たち人類が観測してるだけです。
あらゆる理論の全ては、その観測によって確認された事実に基づいて推論を重ねているだけの事です。

事実として確認できた事柄以外は、如何なる事柄であろうと信用できると断言できるものは有りません。

投稿日時 - 2018-01-11 21:42:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>あとこのような記事は信用たるべき記事なのでしょうか?
基本信じませんね。
面白い記事だとは思いますし、もしかしたら本当のことがかいてあるかもしれませんが
基本的にオカルト的なサイトの認識です。

>宇宙自体が終わってしまう可能性はあるのでしょうか?
神じゃないからおきないとわかりませんよ。
もう少し言えば、まだまだ終わらないはずですが知らない理論もあるかもしれないから確定はできないですよね

>アインシュタインの相対性理論が「重力とは時空の歪み」としているのに対し、重力の虹理論では「異なる光の波長によって生み出されるもの」だとしている。
重力とは異なる光の波長によって生み出されるもの?
波長が重要とかいわれると、赤方偏移の扱いとかどうなってるのか気になりますね。

投稿日時 - 2018-01-11 17:24:01