こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ACCと「自動ブレーキ・自動シートベルト締め」機能

前回の質問で、次のような質問をしました。
https://okwave.jp/qa/q9416803.html
以下、一部引用します。
さっきまで、車(4~5年前に販売されていた、トヨタのサイというハイブリッド車)を運転していたのですが、そのとき、ガード下のため下り坂を車で下降していました。
すると、その下り坂に入った初めごろの時点で、おそらく車の高度が下がった(ガード下なので1mくらい高度が下がった)ためと推測しますが、急に、(1)ピッピッピッ・・・と鳴って、(2)急ブレーキ(急減速)が0.5秒間くらいあって、これと同時に(3)シートベルトが0.5秒間くらいギュッと締まりました。
その後(つまり、上記の(1)、(2)、(3)が起こった0.5秒間の後)は、また元に戻りました。原因は何でしょうか?

この質問のご回答では「自動ブレーキシステム」が作動した(ガード下の側壁などを検知して作動した)のではないかというご回答を頂き、私も一応は納得しました。

しかし、その後、私のSAI(トヨタ)は、平成23年(2011年)発売モデルで、このモデルには「自動ブレーキ」は付いていないことが分かりました。
そこで、上記の疑問を、この「SAIの中古車」を販売してくれた販売店(トヨタカローラ●●という社名)の人に聞いてみたら、「このSAIには自動ブレーキは付いていない、もしかしたら、ACC(レーダークルーズコントロール。定速走行・車間距離制御装置)をONにしていたために、ミリ波レーダーが作動してガード下の側壁などを検知して、上記の「(1)ピッピッピッ・・・と鳴って、(2)急ブレーキ(急減速)が0.5秒間くらいあって、これと同時に(3)シートベルトが0.5秒間くらいギュッと締まった」という現象が出たのかもしれない、と言われました。

そこで質問です。
本当に、「ACC(レーダークルーズコントロール」をONにしていたら、ミリ波レーダーが作動してガード下の側壁などを検知して、上記の「(1)ピッピッピッ・・・と鳴って、(2)急ブレーキ(急減速)が0.5秒間くらいあって、これと同時に(3)シートベルトが0.5秒間くらいギュッと締まった」という現象が出るという可能性は、あるでしょうか?

つまり、「ACC(レーダークルーズコントロール」には、上記の「(1)ピッピッピッ・・・と鳴って、(2)急ブレーキ(急減速)が0.5秒間くらいあって、これと同時に(3)シートベルトが0.5秒間くらいギュッと締まった」という動作をさせる機能は、備わっているでしょうか?

投稿日時 - 2018-01-12 18:46:08

QNo.9417677

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> この(3)の「シートベルトがギュッと締まる(0.5秒間くらい)」も、「プリクラッシュセーフティーシステム 」の機能の一つとなっているのでしょうか?

プリクラッシュセーフティシステムには
・衝突警告表示(メーター内表示)
・プリクラッシュシートベルト(衝突前にシートベルトを巻き取る)
・プリクラッシュブレーキアシスト(ブレーキ操作の補助)
・プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)
の4つの機能が備わっており、プリクラッシュシートベルト機能によって(3)の動作が起きます。

クルマの取扱説明書に詳しく機能説明が書かれていますし、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する可能性がある条件についても書かれていますので、よく読んでおきましょう。

投稿日時 - 2018-01-13 05:35:36

お礼

ありがとうございました!

投稿日時 - 2018-01-13 13:26:21

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

なぜご自身の車で検索しないのでしょうか?
車種・年式・グレード等でシステム内容が違うのですが。

http://www2.toyota.co.jp/jp/news/09/10/nt09_078.html

「プリクラッシュセーフティーシステム  SAI」で検索した結果このようなページを見つけましたよ。

プリクラッシュシートベルトという機能も装備しているのでこれが(3)の事でしょう。

作動したのはガード側壁とか急勾配の登り始め・下り終わり等で正面の道路が壁などと思って作動した(レーダー波が跳ね返ってきた為障害物と機器が判断)とかでしょうね。
実際になにで作動したのかは質問文だけでは特定出来ないと思われます。

投稿日時 - 2018-01-13 03:36:58

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-13 13:26:34

ANo.1

レーダークルーズコントロールが動作している時、先行車が急ブレーキを掛けたり前方に急に割り込んできたクルマがいて車間距離が余り無い時は強めのブレーキが掛かる場合があります。
また危険を知らせるために警報が鳴ります。

但し、レーダークルーズコントロールがONに成っている時だけなので、質問者さん自身がレーダークルーズコントロールをONにして、アクセル操作を自動にていなければ発生しないと思います。
それにレーダークルーズコントロールは40km/h以上の速度で走行している時しかONにできませんので、ガード下をくぐるような道路で使用していたとは考えにくいです。

もし質問者さんが乗っているSAIにレーダークルーズコントロールが装備されているのであれば、セットでプリクラッシュセーフティーシステムが搭載されているはずですので、可能性としてはプリクラッシュセーフティーシステムが動作したと考えられます。

プリクラッシュセーフティーシステムが無いグレードだと通常のクルーズコントロールは付いていますがレーダークルーズコントロールは付いていません。

投稿日時 - 2018-01-12 19:06:41

補足

ありがとうございました。
上記(1)(2)(3)の動作が発生したのは何故か、誤作動が生じたのかなどと心配して質問させて頂きました。
「プリクラッシュセーフティーシステム 」を検索しましたら、(1)警報ブザーと(2)プリクラッシュブレーキの作動は出ていましたが、私が経験した上記(3)の「シートベルトがギュッと締まる(0.5秒間くらい)」という動作は書かれていませんでした。
http://toyota.jp/hilux/safety/active/?padid=ag341_from_hilux_safety_active01#
この(3)の「シートベルトがギュッと締まる(0.5秒間くらい)」も、「プリクラッシュセーフティーシステム 」の機能の一つとなっているのでしょうか?
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2018-01-13 01:47:27

お礼

ちなみに、私が中古車として購入したSAIは、平成25年初登録とあるので平成23年発売モデルと思います。
型式は、SAI GツーリングAパッケージ、AZK-10-BEXSB(E) と書かれています。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2018-01-13 02:03:05