こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地球外生物はいると思いますが……

人類が地球外生物を認識できるようになったのはいつのことか分かりませんが、質問の趣旨ではありません。宇宙が誕生してから100億年以上経過しているそうですし、地球が誕生してからも50億年経過しているようですが、何故、文明の発達した 地球外生物は地球に来ないのでしょうか???

中南米の遺跡のことも、質問の趣旨ではありません。その頃宇宙人が本当に地球に来たのであれば、今の地球はもっと変わっているはずですから。

投稿日時 - 2018-01-14 05:29:32

QNo.9418175

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

文明が発達した場合、その星で戦争が起き、生命体は滅びることも考えられます。また、地球や銀河系と遠ざかる星に生命体が発生し、高度な文明を持ったとしても、お互いの星が遠ざかっているのですから、ちょっとやそっと速い宇宙船を造ることができたとしても、地球に到達することは不可能ですし、超高速宇宙船は、ちょっとしたゴミにぶつかった場合の被害は甚大です。

仮にオリオン座あたりにに超高度文明が存在していたとしても、700光年離れていますので、ちょっと地球まで行って帰ってくるみたいなことは不可能だと思います。

太陽があり、地球と環境が似たような星は、この宇宙にかなりの数存在するはずです。知的生命体も、地球に人間がいるように、存在しているはずです。しかし、星には寿命があり、生命体にも寿命があります。太陽でさえあと50億年の寿命らしいです。生命体は星の滅亡と運命を共にし、また新たな星の生命として生まれ変わることもあると思います。宇宙のどこに何があるのかを人類はろくに知らないのですから、ほかの知的生命体も似たようなものかもしれませんよ。

投稿日時 - 2018-01-14 22:32:08

お礼

ありがとうございました。卓見だと思います。

投稿日時 - 2018-01-15 02:13:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

遠いからです。

彼らのうちの最初のグループが地球に到着する前に地球は太陽に飲み込まれている可能性が高い。

投稿日時 - 2018-01-14 23:51:03

お礼

ありがとうございました。太陽に飲み込まれる前に、人類が滅亡している可能性のほうが高くのではないかと考えています。

投稿日時 - 2018-01-15 02:16:07

ANo.12

> 何故、文明の発達した 地球外生物は地球に来ないのでしょうか???

地球外生物が地球に来ない最大の理由は、なんと言ってもその距離でしょう。
地球人の技術レベルでは、地球外生命の存在を確認することすら出来ていません。

星の塊のように見える銀河同士が衝突していると見られる状況が実際に観測されていますが、
たとえ銀河同士が衝突しても、その銀河を構成する星々が直接衝突することは希なんだとか。
それぐらい星と星は距離が離れていてスカスカだと言われています。


もちろん、地球人類より遙かに進んだ文明を持つ生物が居るかもしれませんが、
どんなに文明が発達して技術が発達しても、生物が生きたまま光速に近いスピードで移動するのは簡単では無いと思います。

さらに、光速で移動する手段があったとしても、そのためには相当のエネルギーが必要なはず。
そんな膨大なエネルギーを使ってまで、わざわざ宇宙の片隅にあるであろう[地球]を目指してやって来る可能性はさらに低いと思います。

投稿日時 - 2018-01-14 22:32:00

お礼

ありがとうございました。

地球人類より遙かに進んだ文明を持つ生物が居るかもしれませんが、どんなに文明が発達して技術が発達しても、生物が生きたまま光速に近いスピードで移動するのは簡単では無いと思います。……地球が誕生してから50億年だと言われていますが、人類はやっと月に行ったことがあるというレベルですからねぇ。

投稿日時 - 2018-01-15 02:23:40

ANo.11

 地球外知的生命が存在するかどうかの問題では無く、地球外文明が作り上げた機械が地球に送られて来ている可能性ならば、宇宙船に乗せて光速に近い速度で輸送するのも可能でしょうから、遥かに大きな確率になるはずですよね。

 そういう物が地球上に無いと判断するのが早計ではないかと思います。実在するのに否定されている真実だったら、数え切れないほどあるからです。たとえば、オウム事件などのカルト宗教による犯罪事件、外国の情報機関による犯罪事件などは、マスコミが取材を嫌がるので報道されにくく、ほとんどが隠蔽されています。地球外知的生命や地球外文明が関与した事件も同じで、実際に本物だと確認出来たら、途端に隠蔽して何もしなくなるマスコミ体質がありますからね。

 要するに、マスコミが報道しないから存在しないと信じ込んでいるだけで、実在する例は数え切れないほどあるかもしれないわけです。

 たとえば、太陽系という惑星系があるのを他の星の惑星にいる知的生命に説明しても、信じてもらえないという話があります。その理由は数多くあって、惑星が比較的近い軌道上にあるのに、太陽の自転軸が重力で横倒しになっていないとか、岩石質の惑星と巨大ガス惑星が内側と外側に2分されて存在しているとか、巨大な衛星を持つ地球に生命がいるとか、そういう話を始めたら、銀河系の惑星系の一般常識しか知らない宇宙人は信じなくなるというわけです。

 実際の話、地球が巨大惑星の衛星だったら、惑星に知的生命がいると話しても、信じない人が多数派になるはずです。同様に、太陽の自転軸が横倒しになっているのが当たり前だったら、太陽の自転軸が倒れていない星があると言っても、相当に珍しい星という認識しか持たないでしょう。

 要するに、太陽系のような惑星系が珍しいので、他の星の知的生命や文明が発見出来ないだけで、他の星から見れば、いくらでも同類がいるように見えるのかもしれませんね。

投稿日時 - 2018-01-14 19:55:13

お礼

ありがとうございました。

地球外知的生命が存在するかどうかの問題では無く、地球外文明が作り上げた機械が地球に送られて来ている可能性ならば、宇宙船に乗せて光速に近い速度で輸送するのも可能でしょうから、遥かに大きな確率になるはずですよね。……そうだと思うし、これはアメリカもすでにやったと記憶しています。しかし、遠すぎるということだと思います。

実在するのに否定されている真実だったら、数え切れないほどあるからです。……一つの事実さえも知りません。

投稿日時 - 2018-01-15 02:41:23

ANo.10

重力や大気や、あるいは地球に存在する細菌やウィルスなどの何かが彼らにとって極めて危険なのかもしれませんね。我々にとって異星人がエイリアンやプレデターのような存在であるように、彼らの目には地球の生き物はエイリアンやプレデターのような獰猛で危険な存在なのかもしれません。

投稿日時 - 2018-01-14 13:52:02

お礼

ありがとうございました。興味のある見方だと思います。確か、襲来した宇宙人が最後には、地球のウィルスにやられて自滅してしまうという映画がありました。

それにしても、地球に到達できるほど文明を発達させた生物であれば、せめてその乗り物の姿くらいは頻繁に見せてくれても良さそうな気がするのですが。

投稿日時 - 2018-01-15 02:31:03

ANo.9

>>何故、文明の発達した 地球外生物は地球に来ないのでしょうか???

昔から来ていますし、米国、中国、ロシアなどの先進国は、宇宙人と交流しています。
もちろん、それは秘密ですけどね。

>>その頃宇宙人が本当に地球に来たのであれば、今の地球はもっと変わっているはずですから。

ええ、いろいろと変わった結果が現在の地球です。

投稿日時 - 2018-01-14 10:25:44

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-15 02:53:25

ANo.8

仮に太陽系地球を観測している宇宙人がいるとして、地球内生命を「生命」と認識しているかもわかりませんね。
もしかしたら宇宙人はシリコン生命とか窒素生命かもしれません。
酸素代謝の炭素系物体を「生命体」と思ってもいない可能性も考えられます。

こっちが宇宙人に影響されるとおそれると同時に向こうだって同じく考えてるかもしれません。
あえて接触を避けているのかもしれません。

投稿日時 - 2018-01-14 09:49:24

お礼

ありがとうございました。斬新なご回答だと感じました。

投稿日時 - 2018-01-15 02:10:47

ANo.7

地球が位置するのは銀河系でもかなり端の方、星の密度も低いです。
単純な確率としてみれば、中心部なら生命が発生していそうですが、いかんせん、遠すぎるので、この距離を何とかできるほど文明が発達している生命となると確率としてはかなり、相当、低いと思われます。
50億年でやっと今の人類レベルとすると、光年単位の距離をどうにかできるのは相当先でしょう。宇宙が誕生してから100億年しか経っていない事を考えると、遭遇できる可能性はかなり低いと思います。
あと千億年ぐらいの間なら可能性はもっとあるでしょうけど、それでも1桁程度上がるだけですから、宝くじが何度も当たるって。

投稿日時 - 2018-01-14 09:17:57

お礼

ありがとうございました。

的を射たご意見だと思います。

投稿日時 - 2018-01-15 03:06:33

ANo.6

なんで来る必要があるのでしょう?

宇宙人が居ると嬉しい地球人の、ロマンを満たすため?

資源ならもっと近場で無人の星で採ったほうが争いもなく低コストだし。
好奇心を満たすだけで来るには時間とコストがかかり過ぎる。

また、来る気が有っても、人類の歴史は短い。
さらに電波を出すようになったのはここ120年。
(電波でも出さなきゃ無数の無人惑星とおなじなのでスルー)

宇宙人が宇宙旅行できる文明レベルになったタイミングと
地球人の繁栄の時代が重なる可能性も低い。

宇宙人が自分の生きている内にやって来て、友好的に接して
くれればいいなとは夢想しないでもないですが、
夢想で留めておかないと現実に否定されます。

投稿日時 - 2018-01-14 09:10:13

お礼

ありがとうございました。

単純に資源の必要性だとか、……そもそも、地球にある資源の何が「貴重なのか」ということさえも分かっていませんし、……また、「宇宙人が居ると嬉しい」といったような非科学的なロマンの問題でもありません。

投稿日時 - 2018-01-15 02:52:17

ANo.5

想像ですが、高度な文明の宇宙人がいて地球人に紛れていると考えたら
恐らく色々な派閥があるのではないですか?
で、本当に来ていたとして中南米の遺跡などの時代は自分たちの知識を与え、今はどういう方向に地球人が進んでいくのか静観しているのかあまり介入をしてはいけないと思っているのかのどちらかではないですか?

投稿日時 - 2018-01-14 08:45:50

お礼

ありがとうございました。

面白いご意見だとは思いますが、残念ながら共感は出来ません。

投稿日時 - 2018-01-15 02:44:20

ANo.4

 地球外生物はいないと思いますよ。生物が環境によって発生する「はず」のものならば、地球には2種類以上の生物がいるはずです。ところが、我々が知る中で最も生物の発生に適しているはずの地球でさえ、生物は1種類しかいません。つまりミドリムシから人類まで含む、細胞を持った我々です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%83%9E
「細胞(さいぼう)とは、全ての生物が持つ、微小な部屋状の下部構造のこと」と言ってしまえるように、地球にさえ生物は1種類しかいないのです。地球の生物はみな先祖を一つにする兄弟です。

 生物が環境によって発生する「はず」のものならば、地球にも複数の起源の生物が居ようじゃないですか。ところが地球の上でさえ、我々の系統の生物がまったく唯一の生物です。これは、生物の発生がどこまで奇跡的であるかを示しています。つまり、この星は酸素と水があるんだよー、などという安易な条件で生物の発生を期待するのは、まったく無理な願いだと思いますよ。保証はしませんが、居ないでしょう。

投稿日時 - 2018-01-14 08:07:10

お礼

ありがとうございました。

生物の定義が質問の趣旨ではありませんし、「生物」というものの考え方についても、かなりの誤解と飛躍しすぎがあるのではないでしょうか???

投稿日時 - 2018-01-15 03:03:32

ANo.3

膨大な質量を持つ宇宙があり、様々な星雲の中に銀河があり、そして、太陽系の中の小さな惑星の一つが青い水を湛えた生物の生存に最も適した環境を持つ地球。

宇宙については、日々研究がなされていますし、解明されていることの多くも、事実として捉えることができます。

ただ、宇宙人、地球外生物については、これはもう、地球に人類が存在するのであれば、広大な宇宙の何処かにも、同じような生命体がいるに違いないという想像に過ぎません。

アンデスの巨大文明やナスカの地上絵、そして、UFOや宇宙人の写真と言われるもの。

それぞれが、宇宙人、地球外生物の存在を予感させるには十分なインパクトがありますが、何せ、誰も実物を見た者がいない。

地球外生物は、確かに存在する可能性がありますが、あくまでも、可能性の世界ですから、要は、未だに想像の世界でしかないということだと思いますよ。

投稿日時 - 2018-01-14 07:17:39

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-15 02:56:21

ANo.2

何をもって「生物」と見做すかは専門家の中でも判断が分かれるところで、ましてや人類と同じような思考回路を持っているものでなければ理解は不可能でしょう。

投稿日時 - 2018-01-14 07:02:57

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-15 02:54:15

地球外生命がいたとしても、光のスピードで何十年もかかる距離。
いくら文明が発展していても、なかなかたどり着かないのかもしれません。
そもそも離れすぎていて、ここ地球に我々のようなのが
すんでいることを見つけていないのかもしれませんね。

投稿日時 - 2018-01-14 05:35:25

お礼

ありがとうございました。私もそう思います。

投稿日時 - 2018-01-15 02:08:30