こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

残り2分

終末時計によるとあと2分は過去最悪レベルの状況のようです
核戦争は近づきつつあるのでしょうか
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2018-01-27 09:24:55

QNo.9422699

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

「トランプ大統領だから終末に時間が進んだ」としている辺りに、トランプ嫌いのインテリのバイアスが入っているとしか思えないですね。
何を言い出すか、やりだすか分からないトランプ大統領ではありますが、彼の本質はビジネスマン。つまり行動原理は全て「カネになるかどうか」です。世界が滅亡したら1セントにもならないので、そんなアホな選択を彼がするわけがない。ただし、戦争することで儲かることがあるならそれをやる可能性はありますけれども、しかし滅亡したらお金は意味がないですね。
昔のポルポトみたいに、理想主義的な政治を掲げる人のほうがよっぽど危ないです。本人は正義をしていると信じ込んでいますから。ポルポトも死ぬまで自分は間違っていなかったと確信していたのだとか。

投稿日時 - 2018-01-27 14:02:00

お礼

核の廃絶は遠ざかりつつあるようですね
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-01-27 18:42:43

ANo.2

そうですね、可能性は否定できないと思います。
日本は非核三原則「核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」としていますが、北朝鮮やアメリカは核を持っています。

北の「ロケットマン」(トランプが付けた金正恩のあだ名)は周囲の国の言うことを全く聞かず、ロケット(ミサイル)開発を行っています。方やアメリカの「狂った老人」(ロケットマン発言にイラついた金正恩がトランプをこう反撃)は当然ながら批判しつつののしっています。子供の喧嘩のようなこの状況に周囲の韓国・中国・ロシアがどう反応していくかが問題です。当然多くの国は核戦争は避けたいと思っているでしょうが、やりたがる国があるのが問題です。そして「核には核を」が実行されるのでしょう。

我が日本はというと…政治家の皆さんは自分たちの保身が精一杯で、まともに危機感を持っているのかどうか疑問です。まあ、何かしても何もしなくても北朝鮮とアメリカが核ミサイルを放てば、日本はその巻き添えは避けられないでしょうね。たとえアメリカ本土に向けて発射されたとしても、途中で落っこちる可能性もありそうですし…しかも自衛隊が所持する現行のSM-3やPAC-3では北朝鮮のミサイルを確実に迎撃するのは無理みたいですし…(北のミサイルの最高高度が550kmに対してPAC-3は十数km、SM-3ブロック1Aですら300km)。現在1000km以上に達する「SM3ブロック2A」をアメリカと共同開発中だそうで、2021年に配備の予定だそうですが…間に合うのかな?。

終末時計、残り2分に...「核戦争の脅威への対応に失敗した」
http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/25/two-minuites-to-midnight_a_23344011/

なぜ北朝鮮のミサイルは"これまでにない脅威"で、迎撃しなかったのか 政府の説明は
https://www.buzzfeed.com/jp/kensukeseya/pac3-sm3?utm_term=.fy2kkEJJ5K#.hggmm3yy7b

余談ですが、運命数ってご存知ですか?。生年月日をばらして合計した数字です。それによると金正恩・トランプ・安倍晋三の運命数は揃いも揃って「4」です。4の性質は「働き者でリーダーシップがあるがクールで人間味がない」だそうで、「あぁ」と思いましたが…。真偽は定かではありませんが、信じるか信じないかはあなた次第です。

投稿日時 - 2018-01-27 11:12:58

お礼

人類最後の日は近づきつつあるのかな
ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-01-27 18:50:18

何かあったら教えて下さい。

投稿日時 - 2018-01-27 10:49:00

補足

どこかの指導者に聞いてくださいね。

投稿日時 - 2018-01-27 11:07:23