こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

農協の過去

そもそも農協は昔どういった組織だったのですか?
今では悪名しか聞かないですが、昔は実は良い組織だったのでしょうか?

投稿日時 - 2018-01-28 04:58:42

QNo.9423024

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

江戸時代は年貢という形での納税を強いられ、これは米の取れ高に必ずしも連動していませんでした。不作のときは借金をしなければならず、愚痴は仲間うちしか語れなかった。藩とか政府行政とのパイプ役はいましたが、半分官吏みたいなものですから、なかなか相談はできないまま、明治になりました。
そもそも年貢という発想で労働をしていましたから、製造した農作物を直接販売するなんて言う発想がなかった。まあ、八百屋みたいな商売をしている連中が仕入れにきてそれに売る、八百屋が末端の消費者に届けるみたいな様式でした。
八百屋は、肥たごをかついで、それと農作物の物々交換みたいな様式でしいれたりもしましたし、農家のほうで肥をもらうかわりに野菜を置いていくということもしましたので、経済というよりは原始的消費活動に近いことが長々と続いたのです。

農業は、天候の関係もあり、実際には情報をはやくたくさん必要としますが、気象庁とかができてきてもその情報はすんなり取れませんから、台風や津波で根こそぎダメになるなんていう経験を繰り返したわけです。

で、大正になっても昭和になってもこの事態は改善しませんでした。
もっとも千葉のほうで、農業人口の窓口みたいな活動を始めた団体があり、産業組合なんていう形にしたことがあるようですけど、全国的ではなかった。

さて、戦争に負けました。アメリカがGHQという名前で侵入してきました。日本は極端な食糧難で盗み合いが横行し、農作物を持っている農家が一般市民から高価な和服や家財と引き換えにわずかの米を渡すなんて言うとんでもない破綻経済状況だった。それをアメリカの神経で見てなんとかしなければこの土人たちは殺し合うぞ、と思って昭和23年に農業協同組合というのを全国カバーする組織として設立させたのです。

統括的に生産を監視し、個々の農家への指導を行う。生産物は組合でまとめて仕入れ市場に整理して提供する、個々の農家が計画上困ったりしていたら融資をしたり、機材導入のための資金を援助したりしたのが始まりです。
そして、それが今に続く農協の形そのものです。
だから、農協の歴史は、昭和23年に始まるのです。

これは混乱を納めるための機関だったのですが、社会主義国のトップがそうなるのと同じで、一番権限のあるものの独裁的になりがちだというのは例に漏れないのです。その人は別に私欲にかられているわけでないとしても、ものごとを通すためにはその人に気に入られなければならないと考えるから、不必要な余計なものがトップに流れたりします。そして、どういう方向に活動を進めるかについても、決裁権を持つ人の号令一つで決まるというようなことになると、その人の言いなりになり組織は腐ります。国が決めた方向性に従わないとか勝手なことをし出したりするわけです。

2年前の都議会もそんな状態でしたけど、ようするにこういう公共的団体の必ずかかる病気だと思っていいでしょう。特別に組織が悪いというわけではないと思います。
健康にするためには、農協だけがオンリーワンという管理者にならないようにする努力が必要だと思います。

それに、インターネットがうまくかみ合い始めていると思います。

投稿日時 - 2018-01-28 11:59:51

お礼

とても良く学ばせて頂きました。ありがとうございます。

そもそもアメリカ由来の組織なんて思いもよりませんでした。
戦前戦後の小説なんかちょくちょく見てましたが、
そういう事を作り出している人がいるという背景までは全然知らなかったので目からウロコです。

すごく勉強になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-01-28 16:28:38

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

昔も今もそう変わらないですよ。

農業者のサポートはもちろんやっていましたけど、
社会が成熟していくにつれ、農業離れが進み
それだけでは食っていけないから金融業も拡大していった。

組織だけを見て悪名高いと断罪してしまうのもどうか?とも
思います。今の農協を見る限り農業従事者の味方というよりも
完全に金融業者の様相が強いからそう見えるだけで、
これは農業人口が減ったからやむにやまれずのことです。

農協がここまで変貌したのは社会的要因の変化が大きいのです。
農業業務の損失をカバーするために金融・保険事業を拡大させたことが
叩かれる理由の一つでしょうかね。決して良い組織とは言えませんが、
それでも必要とする農業従事者もまだ居ることは確かで、
「悪名組織」と断罪してはいけないと思いますよ。

投稿日時 - 2018-01-28 08:17:34

ANo.2

昭和50年代の金利が10%あって、山や農地などの土地を多く持っていた農家の人たちは、その金利で農機具本体やお金を農協から借りて運用できていました

資産が数千万あれば、運用できた時代です(農業以外も)

農協も潤沢に農機具や指導料を農家から集まりましたし、農家もお金を借りてくれて、金利で毎年しっかりと返済してくれるシステムで、いわゆるWin-Winの関係でした

つまり、昔は農家さんからみれば、良い組織だったと言えますね

しかし、そのシステムで儲かった農協は、資金を「農業以外に運用」し始め、最初は良かったのですが、バブル崩壊で金利も下がり・・・今の状態では、良い組織とは言えません

投稿日時 - 2018-01-28 07:29:15

ANo.1

as9

沿革をご参照ください
https://ja.wikipedia.org/wiki/農業協同組合

>今では悪名しか聞かないですが
そうでもないでしょう.適当に聞いたり見ている報道でイメージが勝手にできているのではありませんか?
かといって,悪くないとは言いません

投稿日時 - 2018-01-28 05:15:14