こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

純正インクと互換インク

キャノンの純正インク BCI-350XL PGBK ブラック大容量と
互換イーグルスフェニックスのBCI-350XL BK ブラック大容量は
同じものとして支障はないでしょうか。PGBKとBKの記号の違いがありますが。
使えれば そのまま使いたいと思っていますが、お使いの方が居られましたら
教えて下さい。お願いします。

投稿日時 - 2018-04-17 01:42:08

QNo.9489360

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

インクジェットプリンタは、かなり精密に作られています。

インクジェットプリンタでは、毛細管現象を使ってインクを吸い上げ、印字ヘッドの内部では、圧電素子やサーマル素子でインクを噴射し、印字を行ないます。

サーマル方式の場合、印字ヘッド内部でインクを沸騰させ、沸騰の膨張力を使ってインクを噴出しています。

ですので「高温で焦げ付かない温度特性」が要求されます。

また、微細なインクノズルを通すため、インクの粒子サイズも一定以下である必要があります。

純正品は「温度特性」や「発色特性」や「粒子サイズ」が厳密に決まっているので、製造コストが上り、高価になります。

互換品は「温度特性」や「発色特性」や「粒子サイズ」が要求を完全に満たしてない分、製造コストが下がり、低価格になっていますが、その分、プリンタ本体に致命的ダメージを与える可能性があります。

結局は「互換インクを使ってランニングコストを下げた分、プリンタが壊れやすくなる」と「純正インクを使ってランニングコストを上げた分、プリンタが壊れにくくなる」のどちらかを選ぶ事になります。

どちらを選ぶかは、貴方の自由です。

投稿日時 - 2018-04-17 12:54:29

お礼

二者択一なんですね。有難うございました。

投稿日時 - 2018-04-17 23:48:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

キャノンの純正インク BCI-350XL PGBK ブラック大容量と
互換イーグルスフェニックスのBCI-350XL BK ブラック大容量は
同じものとして支障はないでしょうか
>>>そもそも同じ物ではありません全く別物
支障有ります 故障の原因 あくまでも互換ですから同じ物のはずが無いです

投稿日時 - 2018-04-17 17:56:16

お礼

全く同じものではなくて、故障の原因になれば 互換インクは使えませんね。有難うございました。

投稿日時 - 2018-04-17 23:52:22

ANo.1

詰め替えインクで同じ物ですが、プリンターに不具合が出てもメーカーは保証しません。自己責任で使うしかないと思います。

投稿日時 - 2018-04-17 08:34:04

お礼

有難うございました。

投稿日時 - 2018-04-18 22:20:15