こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スバルの『レガシー』

スバルというメーカーの車は、あまり馴染むがありませんが、スバルの『レガシー』って、どんな車ですか?

投稿日時 - 2018-06-10 16:15:38

QNo.9506990

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>スバルというメーカーの車は、あまり馴染むがありません

まぁ、余程自動車に関心がないと「スバル」は馴染みがないでしようね。
そもそも、最近までは「富士重工」という社名でしたしね。
三菱自動車(三菱重工)は、戦前に海軍戦闘機「ゼロ戦」を生産していました。
対してスバル(富士重工)は、戦前に中島飛行機として陸軍戦闘機「隼」を生産していました。
敗戦によって、飛行機の生産がGHQによって禁止されたので(飛行機生産技術を基にして)自動車分野に進出したのです。
※今では、富士重工は自衛隊・ボーイング・民間に対して飛行機・ヘリ・旅客機部品を納入。

>スバルの『レガシー』って、どんな車ですか?

未だ富士重工内の自動車部門だった時代。
スバルは、軽自動車と小型車(レオーネ)しか車種がなかったのです。
東北電力の要請によって、ジープタイプでない車種に「4WD」機能を日本で始めてラインアップ。
以後、4WDといえば「スバル」の代名詞になりました。
バブル時期、今までの車種の上位車種として新たに投入した車種が「レガシー」です。
ツーリングワゴンタイプが未だ一般的でなかった時代に、レガシーが誕生したのです。
めちゃくちゃ売れました。
国産車では、三菱(ジープのライセンスを持っていた)と共に4WDでは有名です。
また、WRC(ラリー)にも多く参戦して優秀な成績を収めています。
この技術が欲しくて、トヨタが触手を伸ばしました。
富士重工の自動車部門が独立して「スバル自動車」が誕生。
トヨタ自動車の傘下に入ります。
軽自動車の製造は中止となり、全てダイハツから供給を受ける事になります、
アイサイトも、スバルの手を離れて「自主開発は中止」となります。
結果として、トヨタの子会社として「独自路線を放棄」した面白みのない(トヨタの基本である80点主義の)自動車会社になりました。^^;

投稿日時 - 2018-06-10 22:12:12

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

https://ja.wikipedia.org/wiki/スバル・レガシィアウトバック

を見れば生い立ちから現在まで分かりますが、スバルは元来国内では人気が無く、仕方なく海外向けの車に力を入れて、四駆やディーゼルなどを採用しましたが、最初から燃費の悪さと価格の高さは問題でした。
土の車でもそうですが、モデルチェンジの度肥大化して、国内では使いにくいさぃでずてし、価格も高すぎます。

力を入れているヨーロッパ諸国でもトヨタさえブランド力は有りませんからスバルは全く人気がありません。

裕福では無い地域で、高級車に負けないサイズと広さで価格が安いので受け入れられている程度では。
ヨーロッパ諸国でも一番売れているのはトヨタ、次いで日産、三菱などです。
マツダやスバルは街中に販売店すら見かけた事はありません。

最近不正問題が取り上げられていますが、十分利益を得ているトヨタやホンダではありません。

経営的に苦しいメーカーは首脳陣も承知の上で不正に手を染めています。

発覚した物は謝罪し手を打っていますが、リコールすら十分にできる余裕はありません。
スバルのハイブリッドは名ばかりで燃費も良くありません。
四駆の走りとアイサイトは評価を得ていますが、車自体の本質では無いと思います。

今更新車はお勧めしがたいですし、後のリコール対策などを考えても燃費に苦労をする中古車も買わない方が良い車かも知れません。

投稿日時 - 2018-06-10 17:49:16

ANo.2

インプレッサの、ボディサイズで、1ランク上の車になります。

投稿日時 - 2018-06-10 17:43:41

ANo.1

水平対向エンジンのAWD「All Wheel Drive」(常に4輪駆動)のステーションワゴンです。
日本ではそれほど有名なメーカーでないですが、ヨーロッパでは、ポルシェ、フェラーリ、などに並ぶスバルというブランドで通用する車です、また愛好家はスバリストと呼ばれています(トヨタや日産などはブランドとしては評価されていません)特に日本では発売されていない、水平対向ディーゼルは振動も少なく高評価です。
またスバルはトヨタと技術提携をしておるり、トヨタのスポーツカー「FTハチロク」という車はスバルのBZRをベースに作られています、逆に軽自動車はトヨタと提携しているダイハツのOEM製品となります。

投稿日時 - 2018-06-10 17:25:00