こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

標準語のイントネーション(アクセント)を

標準語のイントネーション(アクセント)を
正しく発音するためにはどのような練習をしたらいいでしょうか?

普段人と会話する時や、活字を初見で声に出して読む時に、イントネーション(アクセント)がおかしいと指摘されます。
話してるときは自分で気づかず、音読してる時は自分で大体わかります(それでも頻繁に出てしまいます)

(1)どのような練習をすれば、普段の会話や初見での朗読で標準語として違和感のないイントネーションやアクセントにできるのでしょうか?

(2)イントネーションには何か基本的なルールや法則があるのでしょうか?
同じ単語でも別な言葉と繋がったりするとアクセントが変わると思います。


それと余談になりますが、根本的な原因もできれば知りたいです、

(3)軽い発達障害があります、
過去の診断では言語性知能は平均以上という結果で、実際言語に関わることは好きだし得意なのですが、発音だけがうまくできません。

(4)また親が無アクセント地域と呼ばれる場所で育っているためか、親もアクセントについて気にしたことはないらしく、生まれてから今までずっと指摘されたことはありませんでした。

(1)(2)の方法論と、(3)(4)について自分の現状と関連があるのか、どなたか教えて頂けると幸いです。

他人に言わせると、日本に来て間もない外国人のようにメチャクチャというわけでもなく、大体は普通だが、話してると少し気になる程度だということです。

本当の意味で正しいイントネーションやアクセントがあるわけではないことは承知してます。直す必要はない、という趣旨の回答は遠慮願います。

あくまでアナウンサーがニュースを読み上げる時のような標準語としてのそれを習得したいのです。

ただ(3)(4)で述べたような原因でそもそも改善は難しいのだとすれば、あるていどは諦めるしかないかなとも思いますが‥

そういった意味も含めての質問です。

お答え出来る範囲でお答え頂けると幸いです。

投稿日時 - 2018-06-13 21:10:56

QNo.9508068

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1。どのような練習をすれば、普段の会話や初見での朗読で標準語として違和感のないイントネーションやアクセントにできるのでしょうか?

 一形の地域でお育ちで、ご両親も一形ということですから、ただ繰り返し練習しても無駄だと思います。むしろ絵と柄がどう違うか、と聞き分けられるのが第一。

 そして「言い分ける」にはどうすればいいか、というのが第二。こうして標準語ネイティブの人に指摘してもらうのが早道だと思います。

2。イントネーションには何か基本的なルールや法則があるのでしょうか?
 
 あります。下記などをごらんください。
 https://www.youtube.com/watch?v=5CQUfd2o4js

 同じ単語でも別な言葉と繋がったりするとアクセントが変わると思います。

 おっしゃる通りです。複合アクセントについては、下記などをごらんください。
 http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/ja/pmod/practical/02-07-01.php

3。実際言語に関わることは好きだし得意なのですが、発音だけがうまくできません。

 どなたの診断なのか知りませんが、これは、僕にはよくわかりません。

4。また親が無アクセント地域と呼ばれる場所で育っているためか、親もアクセントについて気にしたことはないらしく、生まれてから今までずっと指摘されたことはありませんでした。

 このため、単なる反復練習ではなく、聞き分けと言い分けができるように、耳と口に頭高、中高、尾高、平板などの「区別」を覚えさせることが大切です。

 そうすれば、下記などがお役に立つと思います。
 http://www.gavo.t.u-tokyo.ac.jp/ojad/

投稿日時 - 2018-06-14 00:20:56

お礼

回答ありがとうございます。
大変具体的で参考になりました。
リンクもブックマークして繰り返し見直すことにします。
有益な情報をありがとうございました。

投稿日時 - 2018-06-15 00:19:26

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

まず、根拠不明の劣等感を払拭しましょう。

井上ひさしの「國語元年」という本がありますのでそれをまず読まれたらいい。

そもそも標準語というのは何か、です。そんな言葉はもともと存在しなかったのです。明治になってから、あちこちの人間が東京に集まってきて会話をすると相互に意味不明で困ったので共通のコトバを制定しよう、というのが発端です。

井上小説はそこをおもしろくおかしく書いていますけど、結論をいうと、明治維新は薩長がおこないましたから、その連中の言葉が強い。東北のような旧幕についていたほうは無視するという方向に落ちたんです。そこは必ずしも国語元年には載っていませんが、以後東北弁がズーズー弁といわれることになります。

標準語は、さすがに薩摩はそれなりに癖がありますから、ほとんど長州の発音が導入されたということになります。ですから、今でも岡山弁というのはありますけど、岡山の人たちの話すことはたいがい何の問題もなく聴けます。安倍首相のいうことなんか聞きとりにくいということは全くないはずです。

だから、所詮長州弁なんですよ。

アナウンサーというのは、最初ラジオからはじまりましたので、日常会話では問題のない発音でも聞き取りにくいということがありますからそういう発音は避けるという話し方で方向を磨いてきました。ですからあの人たちの言葉は「標準語」ではなく、アナウンサーコトバなんです。

細かいことを言うスペースはありませんが、段落の頭に接続詞をつけず、1文1文は極力完了した言い方をすること、とかがあります。これはある瞬間にラジオをつけて聞こえてきたものが、その前の段落を前提としていないと理解できないと困るからです。誤解のもとになります。それと、言い捨てをし、極力余韻やニュアンスを残さないようにする、と言うのもあります。途中でラジオを切られても問題がおこりにくいように、です。

ですから、アナウンサーコトバは標準語ではありません。自分がアナウンサーになるのでない限り、それを真似する意味はありません。

それを覚えたい、という感覚を捨てましょう。

相手に自分の気持ちが通じるということを練習し、端々のアクセントとかは気にしないでください。

抑揚のない地域に育ったのであればそれは治りませんから、身振りを入れるなりして表現をエンハンスするように考えたほうがよろしいと思います。

いまテレビなんかをみていても、関西弁とかそういう用語やアクセントでしゃべっている人間がいろいろいますが、完全に関西弁を話しているわけでもありません。「なんでやねん、おいてえな、と思ったのですよ」なんていってもおかしいとも思いませんし、意味は分かるでしょう。このときに、なんでやねん、のアクセントなんて気になりますか。

コミュニケーションが大事なんです。アクセントなんかはあまり相手は気にしないのです。

投稿日時 - 2018-06-14 10:11:51

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-06-15 00:17:19

ANo.4

まだあった。
>教育実習・・・「p先生は,しゃべりかたがおかしい」

大学の演習中にも教員から,「君が興奮してしゃべると,まるで朝鮮語を聴いてるようで,さっぱりわからん」と笑われましたね。

投稿日時 - 2018-06-14 07:51:44

ANo.3

ぼくは九州出身で,東京の学校で教育実習をしました。実習最後の日に生徒に感想を書いてもらったら,「p先生は,しゃべりかたがおかしい」と指摘した生徒が数名いました。とっさには「授業内容にゃ関係なかろーもん。東京もんが地方出身者ば馬鹿にしとっとか」(笑)と憤慨しましたが,「授業中に勉強いがいの方向に注意をいかせてしまったのなら,教師失格だな」と反省しました。いまは同僚の国語学者をして,「pさんの出身地は推定できない」と言われます。だから「コトバを直したい」というあなたの気持ちはわかります。

(1)(4):日本語にかぎらず,外国語の習得も左右するものは,「耳で聴いた音を脳内で分析し,そのとおりに発音する能力」だろうと思います。脳味噌のなかに,新たにそういう「配線」を組み立てる必要があります。

ニュースのアナウンサーを理想とするなら,夜7時のNHKニュースをタイマ録画し,頭のなかでその「音」が再現できるまで,なんども聴けばいいです。それを自分の発音(自分に聞こえる自分の声は実際とはすこしちがいますが)と比較しながら,発声器官を調節するすべを習得するといいと思います。

投稿日時 - 2018-06-14 07:40:15

お礼

回答ありがとうございます。
やはり地道に頭の中の回線を太くしていくしかなさそうですね。
参考になりました。

投稿日時 - 2018-06-15 00:16:56