こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

HUAWEI nova lite 608HWの事で

中国製スマホHUAWEI nova lite 608HWという

ワイモバイル公式SIMフリースマホを2年契約する

予定なのですが、最近、

「個人情報が盗まれるとして米国では規制されている

中国ファーウェイの電子機器が、au、ドコモ、

ソフトバンクを中心にして、日本国内でばらまかれています。」

という三橋貴明氏などの文章を見かけました。

このスマホを契約したら、個人情報が盗まれるのでしょうか?

どんな個人情報が誰にどうやって盗まれますか?

スマホで銀行の預金残高確認とかする時に、クレカ番号と

暗証番号が盗まれて、勝手に引き出され、警察に届け出ても、

返金は諦めざるを得なくなるといった被害にあったり

するのでしょうか?

ヤフーメールの内容を盗み見られたり、内容をコピペされたり

するのですか?

まさか本当にネット通信が傍受され、入力した検索キーワード、

閲覧したサイト、ラインの内容、色々な暗証番号等が

個人情報として盗まれどこかに蓄積されたりするのですか?

結論として、ファーウェイ製のスマホは、やめた方が

良いのでしょうか?

急いでいるので、恐縮ですが、大至急、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2018-06-20 10:05:18

QNo.9510150

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>また、上記の記事の結論として、日本向けに
>販売されているHuawei Nova Lite 608HWには、
>バックドア、スパイウェア、マルウェアといった
>ウィルスが仕込まれている可能性はゼロ、
>と断言してくれているのでしょうか?
>そしてあなたならそれを信用しますか?
>お忙しい中、恐縮ですが、ご回答の方、
>宜しくお願い申し上げます。

そんなのは、だれだって、保証できません。
それが保証できる機種はそもそもないでしょう。
日本メーカーだってそんなのはわかりませんし、問題なかったとしても、何かアプリを入れれば、それで、問題がなかったとしてもそれは崩れるんです。

それがアンドロイドのシステムなんですから、それが嫌なら、使わないか、盗まれることを前提とした使い方をされれば良いと思いますけどね。

では、考え方を少し変えて見ましょう。
現在中国では、日本とは桁が違う人数が、スマホを使っています。
日本ではそう言う情報をあまり流さないので想像できないと思いますが、
日本より桁違いに、キャッシュレス社会になっています。
街中にある、歩道にテーブルを並べて、軒下で料理を作って居る様な店まで、キャッシュレスで決済ができます。

同じシステムで、電車やタクシー、バスも乗れますし、TVやパソコン、宝石類かた、服や、食料、自動販売機のジュースなどまで購入できます。
システムは、銀行のカードとリンクしていて、設定すれば、銀行の口座から即時自動決済されます。

このへんは中国でも、スマホで扱える様になっています。

当たり前ですが、中国でスマホのトップメーカーはファーウエイです。
そのあと小米、OPPO、などが続いていきます。
そう言う人たちが使っていて、トラブルが起きていないと言うのもあります。

なんでも情報を抜き取られるなら、金融破壊が起こって居るくらいの話は当たり前と言うくらい、スマホでのお金のやりとりが行われて居るんです。

そもそも日本のメーカーだからと言っても手放しで信用できるものでもありません。
結局は後から入れるアプリが問題を持っていれば、それで全てダメになるわけですからね。

まぁ、そのへんはあなたがどう考えるかだともいます。

私は、なんで、ウイルス対策ソフトとして、信用できるのは、大手数社だけで、聞いたことのないメーカーのものは、基本的に信用しませんので使いません。

まぁ、それを選ぶのめんどくさいので、メインはiPhoneを使って居るわけで、アンドロイドはあくまでサブ機。
アンドロイドスマホにはほとんどアプリも入れていません。

バックドアや、スパイウエア、ウイルスなどはそのほとんどが、後から入れるアプリの方が危険性が高いものになります。
私はそれらが入っていないなんで断言することはできませんよ。
そもそも日本のものだって入っていないなんて、断言することもできないのですからね。

あ、そうそう、いくつかの携帯電話会社がやって居る、遠隔操作サービス。
あれは、バックドアを、お表立って作って居るシステムですからねぇ。


ちなみに、ATOKという性能の良い日本語変換が最初から使われて居る日本メーカーのスマホもあったと思います。
あなたの書かれて居る分類からいうと、日本語変換の精度を上げるために、ATOKも入力されたキーの文字列を、本社のサーバーに送って解析していました。
なので、あなたの分類で言えば、これはスパイウエアになります。
ATOKを作って居るメーカーは、日本にある、パソコンなどのかな漢字変換の基本を作った人は立ち上げたジャストシステムという会社です。
官公庁に入って居るパソコンのワープロソフトなどはこの会社が作って居るものが多く入っています。
そういう会社でも、あなた様基準でいうスパイウエアを作って、スマホやパソコンに搭載させて居るとなるわけですから、とても、そんなものはないなんて言えるわけはないでしょう?

なんで、「あなたが信用して居る記事を書かれた方」は、ジャストシステムなどのやっている内容は書かれないのか、とても面白い話だと思ってしまいます。
日本メーカーはそんなことしない(実際にはしていました)と、思って居るわけはないと思いますが、もしかして、アファリエイトのお金が入ってこなくなるから、書かないというのかもしれませんが、その辺はわかりませんけどねw


また、最近の銀行やカード系のアプリは、アプリ自体で、暗号化して通信を送って居るために、通信の内容を見てもわからない様にして居るというのも増えていますけどね。

その辺は、あなたがどう考えるのかというだけの話です。
とてもしんぱいというのであれば使わない。しかないんです。
もしくは使い方を考えて、使うというだけですね。

投稿日時 - 2018-06-22 16:47:01

ANo.2

ずいぶん懐かしい内容の、焼き直しをしてソフトを売るための宣伝記事ですね。

それが騒がれたのって、何年前だったかなぁ。
文字変換の精度を上げるためということでやってた内容で、ATOCなどもやっていた話ですよね。ATOCは、日本のジャストシステムですね。
ただ、どこもやっていたというのが出てきて、終わりになっちゃった話だったと思いますけど。
3~4年前の話ですよね。

で、あなたの記載されているページは、そもそもが対策アプリを販売しているページです。つまり宣伝用に作られた記事ということで、その細かな内容は書かずに、恐怖心を煽るだけの内容しか書かれていないんですよね。
(そうすれば買ってくれますから)
実は一番怖いのは、この手のアプリの方がよほど何をやっているかわからないというのがあったりします。
だって、利用者がシステムに対してそのアプリに権限をあげてしまっているわけですから、アプリ側はなんでもやり放題ということも言えるわけです。
それこそ、よほど安心ができるところのもの以外とても怖くて使用できるもんじゃないと思いますけどね。


そもそも、アンドロイドのシステムは、中国国内向けと中国以外向けのシステムは、別のものが作られます。
なぜなら、中国から、グーグルに接続することはできないため、プレイストアに接続することができないので、プレイストア自体がなくなっていたりするんですよ。

それと、ファーウエイって、どんな会社かご存知でしょうか?
中国の国営企業で、中国をはじめ、各国でもトップクラスの販売をしているメーカーだったりするんですよ。
日本では、あなたは馴染みがないかもしれないかもしれませんが十数年前から、日本の携帯電話キャリアに採用されているメーカーだったりしています。
キッズ携帯や、見守り携帯、モバイルルーターなどは多くがファーウエイのものが採用されていましたからね。


まぁ、その人の考え方次第なので、あなたがどう思うのかも関係はありませんが、私はそれ以上に、そういう対策のアプリで、とくに安心ができることが確認できるメーカーのもの以外は、使わない方が良いと思いますけどね。

ウイルス対策ソフトと言って、ウイルスを仕込むソフトもありますのでw

投稿日時 - 2018-06-20 12:29:16

補足

Huawei Nova Lite 608HWが最寄りのワイモバに
今日、届いたみたいで、もういつでも機種変更手続きが
出来る状態になっています。

でも今日か、明日、お店に行って、取り寄せ送料と

返送料を支払えば、高いけど京セラの別の機種に変更も

出来ます。

※中国ADUPS製ファームウェアのセキュリティ問題、
日本向けスマホに影響なし - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1611/22/news102.html

(以下、抜粋)
国内で多数のスマートフォンを販売している
ファーウェイ・ジャパンは、
「日本で提供している製品ではADUPSを
採用しておらず、影響はありません。
顧客のプライバシーとセキュリティを
最重要課題に位置付けおり、
積極的に取り組みを進めています」
とコメントしている。

Huawei Nova Lite 608HWが、
中国Shanghai Adups Technology(ADUPS)製の
ファームウェアを採用したAndroid端末ではない
のなら、どこのメーカーのファームウェアを
採用しているのか、わかりませんか?

また、上記の記事の結論として、日本向けに

販売されているHuawei Nova Lite 608HWには、

バックドア、スパイウェア、マルウェアといった

ウィルスが仕込まれている可能性はゼロ、

と断言してくれているのでしょうか?

そしてあなたならそれを信用しますか?

お忙しい中、恐縮ですが、ご回答の方、

宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2018-06-22 15:38:49

ANo.1

HUAWEI nova lite 608HW
ワイモバイル端末として使っています。
2017年12月から使っていますが何も不都合は起こりませんし変なメールも来ません。
手頃な価格でいいのではないですか?

投稿日時 - 2018-06-20 10:19:26

補足

まだ6~7カ月ですよね?

次の記事を読んで下さい。

※Huawei スパイ-Huaweiスマホをスパイする方法の紹介
https://www.spyzie.jp/huawei-spy.html

セキュリティ解析ツールを提供する米企業

「Kryptowire」によると、上海ADUPSが開発した

androidスマートフォンのファームウェアには、

利用者の許可なく、メッセージ、通話履歴、位置情報など、

あらゆる入力情報を中国のサーバへ送信しているといった話です。

上海ADUPSのファームウェアを搭載したスマートフォンは、

中国大手のメーカーHuawei、ZTE、米国BLUなどに

提供しているそうです。

対策としては、データ収集を無効化する

セキュリティソフトを配布しているということです。

※BLU
http://bluproducts.com/security/

このソフトをDLすれば、
問題無しなのですかねえ?(^^;)

投稿日時 - 2018-06-20 10:42:29