こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

母平均の差

母平均の差の検定でt値を求める場合
n=サンプルサイズ

n1=n2の場合
https://gyazo.com/c1b5f1de371aa84c55c2e25ece4f8e52

n1≠n2の場合
分散
https://gyazo.com/bd6a28598facf407b03c53ddafdb68bb
t値
https://gyazo.com/7412d837010d76c4bc40ed6f1714a464

n1=n2の場合の公式で計算しても答えが違います。
どういうことでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-09 11:39:01

QNo.9516615

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

どんな自己解決したんですか?
>>n1≠n2の場合を解くとn1=n2の場合になります。
う~ん・・・・・。
数学や統計学というよりむしろ哲学か宗教学ですね。
奥が深い。
私には分からない世界です。

投稿日時 - 2018-07-09 19:00:34

ANo.1

>>n1=n2の場合の公式で計算しても答えが違います。
>>どういうことでしょうか?
質問の意味が解りません。

1つ目はサンプルサイズn1=n2の場合ではなく
2つの標本の母集団の分散が分かっている時の場合であり
2つ目はn1≠n2の場合ではなく
母集団の分散は未知であるか等しいと推定できるときの
不偏分散を求めるときのに使う式です。

投稿日時 - 2018-07-09 15:24:21

補足

自己解決しました。
上記で言う
n1≠n2の場合を解くとn1=n2の場合になります。

投稿日時 - 2018-07-09 16:03:17