こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

輪行するのに分解するのが簡単な自転車はありますか

スポーツ自転車の中で教えて下さい

投稿日時 - 2018-07-13 15:23:05

QNo.9517873

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

輪行で注意をしなければならないこと。
700Cや650Cのタイヤを持つスポ-ツ自転車の場合
必ず前後輪とも外してコンパクトに収納する必要が有ります。
「これは必ず守りましょう。」
>アサヒサイクルで売ってるスポーツ自転車はレバーがついていません
このような4万円未満で売っているスポーツ自転車はボスフリーというタイプで後輪にクイックレリ-スは付けれません。
リアの変速は7段以下ですのですぐに区別がつきます。
もしこのような自転車で輪行すれば必ずレンチを持ち運びしなければ
ならずものすごく不便です。
クイックレリ-スの場合リア8段以上です。
また車重が10kgを超えると輪行はしんどくなります。
いわゆる廉価版のスポーツ自転車もどきの場合重くて持ち運び不便です。
クロスバイクではGiantのエスケープが輪行に耐える最低レベルです。
ロードバイクでは9万円以下の物でお勧めできるものは有りません。

投稿日時 - 2018-07-13 23:41:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

クロスバイクで5~6万円以上のものをお勧めします。
一例
https://www.giant.co.jp/giant18/bike_datail.php?p_id=00000042
ロードでしたら10~12万円ぐらいから。
基本的にはブレーキのクイックを緩めて前後車輪を外すだけです。それで入る大きさの袋を買うこと。
サドルやハンドル、ペダルはいじりません。
やり方はお店で聞く。あるいは親切な競技バリバリじゃないクラブに入るか雑誌やインターネットなどで研究する。
まず家で分解組立と袋入れを練習しておき、最初のうちは時間がかかっても組み立ては間違いがないか確実に行う。

泥除けは付け外しが面倒なんで無しで。スタンドも邪魔なんで無い方がいい。
ディスクブレーキもちょっと面倒。

お金と熱意と少々の勉強心があればできますよ。

投稿日時 - 2018-07-13 23:34:20

ANo.3

>アサヒサイクルで売ってるスポーツ自転車はレバーがついていません
>後付けなのでしょうか

単に交換するだけです。
もともとそんなに高いものでもないですし、交換にかかる時間だって、数十秒程度です。

どのていどのスポーツ車を考えられているのかわかりませんが、できればスポーツ車を重点で扱っているお店で買われたほうが良いです。
量販店だと、とどうしても、手をかけてくれないところが多いので。

おみせで、相談できる人がいないのなら、お店で輪行したいと言って話をしたほうが良いですよ。
2万円くらいで売られているスポーツ車だって、輪行がやりやすいように、クイックレリースなどはつけられます。
でも。あまり安いものは、
車体の重量が重い。
ペダルを踏んで進むのが重い(力がいる)。
ブレーキが効かない。
ギヤがきちんと入らない。

なんていうところから、嫌になってやめてしまう人もいたりするんですよ。

昔、学生の時、お金がない中で安いスポーツ車をクイックリリースなどに変えて輪行していたことがありますけど、自転車自体が重かったですね。
まぁ、クイックリリースがなくなくたって、スパナという工具を持っていれば済む話ですけどね。
元々のネジの部品を、簡単に変えられるようにしたのがクイックリリースなので、その程度のものはすぐに変えることはできるんですよ。

ママチャリにだってつけられるものですから。(いたずらされるのでやめたほうが良いですけどね)

投稿日時 - 2018-07-13 17:14:51

ANo.2

分解式のスポーツサイクルといえばアレックス・モールトンでは?

投稿日時 - 2018-07-13 16:30:34

ANo.1

そもそも、スポーツ車はどれも簡単に輪行できるようになっていますが。
タイヤは、クイックレリースで外れますし、椅子も、クイックレリースで縮められますね。
あと、ハンドルを緩めて向きを変えるか、外すかなどです。
4箇所だけで、輪行袋に入れられるようになるのですが。。。
ホイールを外すのに、ブレーキシューを片方だけでも外すか、ワイヤーを外す必要はありますが。。。

部品は大きいですがそんなに難しいとも思えません。
昔、20回くらい輪行しましたが。。。

分解が難しいと最初っから頭の中で固定概念としてなっていませんか?
最初っからむずかしいとおもってやると難しく感じてしまうでしょう。

遠乗りするのなら、パンク修理くらいはできるようになっておく方がよく、パンク修理をするならホイールを外しますので、輪行の手順と大して変わりがありません。


これより簡単にと言われても。。。
ポケットロケットは、小さくなりますが、少し複雑かなぁ。これもなれですけどね。

ポタリング用なら、ブロンプトンなら、フック1つと、手で締めるネジ1本シートポストのクイックレリース1箇所でたためますが、、、、

折りたたみでないスポーツ車なら、基本構造は一緒です。
なので、どれも変わらないですよ。

投稿日時 - 2018-07-13 16:15:28

補足

アサヒサイクルで売ってるスポーツ自転車はレバーがついていません
後付けなのでしょうか

投稿日時 - 2018-07-13 16:43:04